塾を開業する秘策|低コストで実現できる時代

お店

独立と開業のために

大阪で会社の独立を考える場合には貸店舗の賃料だけでなく、事業内容の収支や返済の計画も考えておかなければいけません。独立し事業を成功させるためには、初期投資を抑えつつも妥協せずに事業計画を立てる事が必要です。

食器

飲食店で使われる食器

飲食店が業務用食器を利用するメリットは、種類やデザインが豊富なので、料理や店に合った食器を見つけやすい事です。また業務用食器は飲食店で使われる事を考えて作られているため、衝撃に強く食器洗浄機を利用する事ができます。

レジスター

値段がネックになっている

posレジを導入する際に、一番ネックとなるのが価格です。高価な製品になりがちであるため、初期費用が多額になるケースが多くなっているのです。レンタルやリースを利用することによってこのコストリスクを回避することができます。

地域に密着したビジネス

先生と生徒

地域に密着したビジネスを始めたい場合には、小中学生を対象にした、学習塾を新規にオープンするのが最も堅実な方法です。すでにビジネスモデルも確立している業界であり、フランチャイズを活用した開業プランも選べるのが魅力的です。賃料の割安な郊外エリアや地方都市では、1000万円以内の初期投資で開業することが可能であり、30歳未満の若手経営者も多いです。スタート時は教室が1か所であっても、将来的にはエリア内で複数の教室を展開して、事業規模を拡大するのが理想的です。そのためには学習塾を開業した当初から、経営のノウハウを蓄積したうえで、ビジネスの拡大に向けた取り組みを行うべきでしょう。オープン当初は広告代理店を積極的に活用して、学習塾をPRすることも重要ですが、経営を軌道に乗せるために必要なことは保護者の口コミです。成績アップと志望校合格に直結するきめ細かい指導を行うことが、保護者の支持を獲得して、口コミで生徒を増やすコツです。そして生徒数が100名を超えて経営が軌道に乗った時が、学習塾を開業してから、初めて教室を増やす絶好の機会です。教室数を増やす場合には資金を調達することが重要ですが、これまでの経営の実績を金融機関にアピールすることで、低利で融資を受けられるので安心です。また教室数が増えた場合には、授業用のテキストや各種消耗品も大量発注ができるので、納入価格などの面で業者も優遇してくれるでしょう。